簡単シリアルバーレシピ

花束を頂きました。わー綺麗!・・なのですが日本人の私には未だにこの「ブッシュフラワー」セレクトが、どうみてもドライフラワーに見えてしまいます。でもこれはこう見えて生花なのです。
f0331373_08474948.jpg
勿論この色味(赤)はナチュラルではありません。本来は緑色です。
オーストラリアには世界最古の花の種類がたくさんあるようで、厳しい環境でも咲くことからとてもパワフルだと言われています。(そんなわけでブッシュフラワーエッセンスを使用した商品もありますがそれはまた別の機会にお話します)
この赤い色をつけられている花の名前は

オールド マン バンクシア  Old Man Banksia

この花の持つエッセンスの効用は以下の通りです。

これは挫折によって気弱になっていたり、苛立っていたり、無気力になっていたりする人のためのエッセンスです。このエッセンスを摂ることで、人生をもっと楽しめるようになり、人生に対する情熱や興味が再び湧いてきます。(ブッシュフラワーエッセンスホームページより)
こんな素晴らしい効用のあるお花だったのですね。
ブッシュフラワーエッセンスもなかなか奥深い世界のようです。

さて本日はオリジナルミューズリーバーのレシピのお話です。
白砂糖(糖質)は身体にかなりの負担をかけるということはここ最近よく聞きますよね。注意キーワードとしては白砂糖、糖化、血糖値コントロール等など。
身体が糖化する、、なんだか恐ろしい響きです。
糖分は老化を早めるという事も勿論ですが、ただ単純に"甘い物が駄目なのです"というわけではありません。どういう糖分をいつ摂るかをコントロールする事が大切なようです。でも、この糖質コントロールほど日々働いている私達にとって「話しは解るけど、、で、どうしたらいいのでしょうか?」となる課題だと思います。
だってスイーツは美味しそうだしおにぎりは大好きだし。

健康には気をつけたいけれどいつも商品のラベルを血なまこで見つめる人にもなりたくないという気持ちが一応あります。
個人的には様々な健康法がありますがこの糖質コントロールが一番むずかしいと思っているんですが、

せめてお腹をペコペコにすかしていきなり白いご飯(糖分たっぷり)をお腹いっぱい食べ、血糖値をジェットコースターのように上げるような事はさけたいかな・・という位は出来そうです。

大体4−5時間おきにナッツや糖質の低い食べ物などを口にして血糖値の上がり下がりを一定くらいにたもつといい。とのことですが
で、ここでも私は「いや・・ナッツを食べたらいいのは確かにわかるんだけど・・塩味もついていないナッツをいきなり毎日食べるのはちょっと慣れなくて」と思います。
小さな素敵な小皿に幾つかのナッツを置いてポリポリと食べたいところですが
そういうのは3日間くらいなら頑張ってできますが続けられないんです!!!
そんなわけでシリアルバーを自分で作っています。

スナックショップにも様々な種類のシリアルバーが売っていますね。でもあれらはやはりちょっと美味しすぎるんです。美味しい、つまりは甘くて結局そんなにヘルシーではないということです。厳しいですね。

材料は以下の通りです。
f0331373_08480264.jpg
〈材料〉
300g押しオーツ麦
150g ナッツ各種(アーモンド、カシュー、ウォール、マカデミアン ナッツ)
100g ひまわりの種
75g 乾燥りんご
50g 乾燥ココナッツ
400g 99%スキムコンデンスミルク

①ナッツ各種とひまわりの種、乾燥リンゴ、ココナッツはフードプロセッサーなどで細かくする
②もしひまわりの種などの歯ごたえ感がお好きな方はひまわりの種は砕かないで混ぜるのも良いでしょう
③99%ファットフリーのスキムコンデンスミルクを小鍋で温める
④③で温めたコンデンスミルクをボウルに移し暖かい内に①で砕いた材料を混ぜます
f0331373_08480327.jpg
こんなかんじに混ぜますコンデンスミルクが接着剤の役割になるわけですね
f0331373_08480369.jpg
トレイに均等に流し込みオーブンで140℃で50−60分焼きます
f0331373_08474901.jpg
こんがり黄金色になったら出来上がり!

このスキムコンデンスミルクが材料をくっつける役割と共に甘みをだしているのですが糖分ではあるので糖分をより抑えたい場合は
200gコンデンスミルク200g豆乳などでもいいかも。がしかし、400gコンデンスミルクでも甘みはかなり少ないヘルシーバーになります。

この作り方を基本に覚えておくと、後はバリエーションで自分の好みのドライフルーツを混ぜたり
より甘みを減らすために熟れたバナナをコンデンスミルクの代わりにする事も出来ます。ただ、より美味しさへの追求になるとはちみつをれる・・チョコを砕いたものを入れる・・バターをいれるなどのレシピもありますが今回のシリアルバーはあくまでも
血糖値コントロールのためのスナックとしてのシリアルバーなので美味しさの元は極力排除の方向です。
f0331373_10314793.jpg
好みの大きさにカットして出来上がり。
繊維質も多く糖分も少ないスナックの出来上がりです。
これならナッツも取りやすく便利です。

フルーツやこうしたシリアルバーなどでなるべく腹ペコ状態にしない。ゆるい血糖値コントロールですが
何もしないよりかはいいかと思っています

今日もお天気の良いブリスベンです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑押して頂けると大変うれしいです!

f0331373_14483090.jpg
ヨガジャーナルジャパン・ヨガ女ブログもやっています

[PR]
by brisbaneyoga | 2014-06-21 10:51 |


イラストレーター鈴木七代のブログです。ブリスベンでのヨガ事情、ヨガ的なこと食べ物お店etc..


by 鈴木七

更新通知を受け取る

その他のジャンル

menu

カテゴリ

全体
一言ピクチャー
日常
ブリスベン観光情報
ヨガ

お店
美容
アーユルヴェーダ
イラスト
未分類

以前の記事

2017年 10月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月

ブログジャンル

海外生活
美容・健康